司法書士法と司法書士倫理

司法書士という職業は、司法書士法という法律を根拠に成立している職業です。
ですので、司法書士法を守らないで司法書士業務を営むという事はありえません。




司法書士の歴史については、我々が所属させて頂いている
『日本司法書士連合会』という組織のHPが一番わかりよいかと思います。

諸先輩先生方の、途方もない膨大なご尽力の上に、今の司法書士という資格が成り立っている事実は、いつも心においておくべきことと常々感じています。
また、制度の土台の根幹を支えて頂いているのは、直轄官庁である法務省という存在になります。


それらがなければ、今の自分の職業の制度はないといっても過言ではありません。

〇 『日本司法書士連合会HP  司法書士の歴史』
http://www.shiho-shoshi.or.jp/consulting/history.html

〇 『近畿司法書士連合会HP  司法書士の歴史』

http://kinshiren.com/contents/greeting/index.html

〇 『日本司法書士連合会 会長挨拶』

http://www.shiho-shoshi.or.jp/association/intro/message.html

〇 『法務省  〜司法書士の業務 他〜』 

http://www.moj.go.jp/MINJI/shihou.html

 

また、司法書士の使命は、国民の権利擁護と公正な社会の実現にあります。
その使命を果たすための基本姿勢は、『司法書士倫理』として制定されています。

 

駆け出しの新米司法書士のころは、目が白黒してしまうような文言に圧倒された覚えがあります。
司法書士として、一人の国民・市民として、身に付けるべき指針がたくさん書かれてあります。

 

現在でも、何かぶれそうになったときは、司法書士倫理の原文に立ち返って立ち返ってしてみると、
スッキリした道筋が見えてくることは多いです。
それゆえ倫理職務基準としては、とても厳しい色調であるともいえます。



 

今後も、一人の司法書士として、

自分自身の人生にこれだけの恩恵を与えてくださった「司法書士」という制度に対して、恩返しや貢献、また後続の次世代・次々世代の司法書士の方々の導きの一つになれるように。

 

というのが、僕自身のささやかな願いになります。

 

 

「司法書士」という職業は素晴らしい職業である と資格勉強をなさっておられる受験生の方々には、最後にお伝えさせて頂いておきます。

 

志を立てられたのなら、初志貫徹の心意気で。

頑張ってください。

 

 

>>>次の記事 『司法書士の業務範囲』 >>>


〇 『日本司法書士連合会HP 司法書士倫理』
http://www.shiho-shoshi.or.jp/cms/wp-content/uploads/2014/01/ethic.pdf

 

〇 兵庫県司法書士会 会長挨拶  

http://www.shihohyo.or.jp/about/greeting.html

▲このページのトップに戻る