報酬基準表 成年後見手続プラン別

 

(家庭裁判所への)成年後見・保佐・補助 申立
(*申立手続き関係の費用につきましては、お問い合わせが多いため、
  3つのプランを用意させて頂いています。
  司法書士にご依頼される程度に応じて、費用が変動しますので、
   どこまでのご依頼が良いのか、またご検討されて下さい。)

1.成年後見申立 ライトプラン

 *成年後見の申し立てを、ある程度ご自身で準備できる所はしたい方のプランになります。

 申立書のチェックやアドバイスを受けたいけれど、費用を抑えたい方に適した内容になります。

 家庭裁判所の申立までのプランになりますので、その後(家裁での面談等)はご自身で対応する

 流れになります。

 

 内  容  詳  細  費用(税別)
 
戸籍・添付書類一括チェック


ご自身で集められた戸籍やその他書類が、
家庭裁判所の申立に使えるか、きちんと揃っているか
精査させて頂きます。
不足分があれば、追加で書類取得が必要となります。

 10,000円

 申立準備内容チェック


ご自身でされた申立の為の準備内容をヒアリング、
適切なアドバイスをさせて頂きます。
管轄家庭裁判所の実務的な部分についても、
アドバイスをさせて頂きます。

 30,000円

 成年後見等申立


上記の内容を元に、申立書の準備をさせて頂き、
(管轄)家庭裁判所へ申立をさせて頂きます。

 80,000円〜
  合  計  120,000円〜

 〇上記の他、実費は別途負担となります。  

 (申立貼用印紙 800円〜2600円+予納印紙2400円+予納切手4000円程度)

  (通信費・日当、交通費等)

 

 

 

2.成年後見申立  通常プラン
*成年後見の申し立てについて、全てを司法書士に依頼するプランです。
 各市役所や法務局への必要書類の収集や、その他を司法書士が代行又サポートさせて頂きます。
 お時間がない方や全て頼みたい方、しっかり全部任せたい方にお勧めのプランです。

 
 内  容  詳  細  費用(税別)

 戸籍や登記されていない証明等
 必要書類の一括収集


申立に必要な公的証明書を
司法書士が取得又はサポートさせて頂きます。

 20,000円

 後見申立活用アドバイス


成年後見等の申し立てに当たり、
後見人(保佐人、補助人)の選任についてや、
複数後見人や後見信託制度等について、
様々な角度からアドバイスさせて頂きます。
ご本人様や支援されるご家族にとって、
一番最適である方法を一緒に探していく作業
になります。
専門職でないとわからない内容や活用方法も
含めて相談・アドバイスさせて頂きます。

 50,000円

 成年後見等申立


相談内容を元に、申立書の準備をさせて頂き、
(管轄)家庭裁判所へ申立をさせて頂きます。

 80,000円〜

 家庭裁判所面談同行


申し立て後の家庭裁判所への面談の同行、
又は申し立て後の家庭裁判所との連絡を
サポートさせて頂きます。
自分一人では説明できない、不安である等
司法書士が家庭裁判所に同行させて頂いて、
サポートさせて頂きます。
 
 30,000円
  合  計  180,000円〜
〇上記の他、実費は別途負担となります。   (申立貼用印紙 800円〜2600円+予納印紙2400円+予納切手4000円程度)   (通信費・日当、交通費等)
3.成年後見申立+(司法書士)後見人候補者 おまかせプラン
*家庭裁判所への成年後見等申立及び面談同行等だけでなく、後見人(保佐人、補助人)の候補者として司法書士がさせて頂くプランになります。後見人等選任後も、サポートや支援をさせて頂くことを望まれる方に適しています。
後見人就任については、ご親族が療養看護部分の後見人をされ、司法書士は財産管理部分のみをするような、二人で後見人(保佐人、補助人)をお受けするケースもあります。ご本人様、周りのご親族様の状況に応じて、申立内容や候補者選任を検討されていかれる事で、きめ細やかな支援に繋がります。

 内  容  詳  細  費用(税別)

 戸籍や登記されていない証明等
 必要書類の一括収集


申立に必要な公的証明書を
司法書士が取得又はサポートさせて頂きます。

 20,000円

 後見申立活用アドバイス


成年後見等の申し立てに当たり、
後見人(保佐人、補助人)の選任についてや、
複数後見人や後見信託制度等について、
様々な角度からアドバイスさせて頂きます。
ご本人様や支援されるご家族にとって、
一番最適である方法を一緒に探していく作業
になります。
専門職でないとわからない内容や活用方法も
含めて相談・アドバイスさせて頂きます。

 50,000円

 成年後見等申立


相談内容を元に、申立書の準備をさせて頂き、
(管轄)家庭裁判所へ申立をさせて頂きます。

 80,000円〜

 候補者依頼・選任相談


申立において、後見人(保佐人、補助人)の
候補者に司法書士がなります。
本人様のきめ細やかな支援のために、複数後見
をする為に2名候補者(例:ご親族+司法書士)
を挙げさせて頂く事もあります。

(*最終的に、誰を選任をされるのは

 家庭裁判所の裁判官のご判断になります)

 60,000円

 家庭裁判所面談同行

 申し立て後の家庭裁判所への面談の同行、
又は申し立て後の家庭裁判所との連絡を
サポートさせて頂きます。
自分一人では説明できない、不安である等
司法書士が家庭裁判所に同行させて頂いて、
サポートさせて頂きます。
 30,000円
  合  計  240,000円〜
〇上記の他、実費は別途負担となります。 (申立貼用印紙 800円〜2600円+予納印紙2400円+予納切手4000円程度) (通信費・日当、交通費等)
〇後見人(保佐人、補助人)選任後の報酬については、家庭裁判所が決定をします。通常は半年に1回、或いは1年に1回、後見人等が家庭裁判所に報酬付与決定の申立をします。後見人等の報酬目安につきましては、当事務所 成年後見専用HPの「成年後見人等の報酬目安」のページ をご参照されてください。



 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る