司法書士プロフィール

岩城 真之(いわき まさゆき)

岩城真之司法書士事務所 

 

プロフィール

 事務所・本職サイドカット2.png

兵庫県生まれ

 

平成14年、司法書士試験合格

平成16年 簡裁訴訟代理等業務 認定試験合格

 

以後、

兵庫県司法書士会 伊丹支部 法律相談実行委員長

兵庫県司法書士会 伊丹支部 研修委員長

兵庫県司法書士会 相談センター設置運営委員会 委員

兵庫県司法書士会 伊丹支部 現 副支部長

兵庫県伊丹市 多重債務問題連携会議  副会長

兵庫県伊丹市 権利擁護センター調整支援委員会  委員 

の立場を頂いています。 

 

事務所勤務(事務所内独立)の後、

合同事務所経営を経て、

 

平成24年1月

 『岩城真之司法書士事務所』

   として独立させて頂いています。

 

 

 

 

 

登録資格・認定資格

 

     司法書士

     簡裁訴訟代理等関係業務法務大臣認定

 

 

 保有資格

 

     行政書士

     測量士補

     宅建士

     フィナンシャルプランナー3級

 

 

 

 座右の銘


     『 誠の心の人の真実は 世の中の台 』

 


        

 

 

あいさつ

 

はじめまして、岩城真之と申します。

私自身、司法書士という職業とめぐりあうことができて、

本当に運が良かったな、としかいえません。

 

本当にたくさんのものを頂いた気がします。

 

 

依頼者の方々に育てて頂く中で、

大事にさせて頂くようになったことがいくつかあります。

 

   「ご本人さん・ご家族が一番の土台。」

   「一度では理解は伝わらないので、伝わっていくまで何度もお伝えし続ける。」

   「ご家族やご親族の些細な悩みに よりよい方向への糸口が沢山埋もれている。」

   「相手は自分の写し鏡。自分そのもの。」

 

といったような内容です。

 

 

司法書士にならせていただく前は、いわゆる“苦しい受験生”の部類です。

その反動で、司法書士になりたての頃は、

   「とにかく数多くの仕事をせなあかん。」「事務所をきちんと経営せなあかん。」

「お金を貯めなあかん。」「人脈をつくらなあかん。」

あかん、あかん、ばっかりの、そんな意識が自分の中の全部を占めていたように思います。

またその考えと感情を自分自身やと思い込んでしまっている、自分自身がいました。

 

 

しかし、そんながむしゃらな姿勢での数年が経ってから

登記の仕事、相続の仕事、成年後見の相談、借金の相談、

来る者拒まずのスタンスで必死の状態の中で、

以前、負債の問題で私のもとへ相談に来られた

依頼者本人からの電話に愕然としてしまいました。

「また、ギャンブルしてしまいまして・・・。

今度はまた100万借金あるんですわ・・・。

先生助けてください。先生しかいないんですよ。

もう二度とこんなことはしないので、先生、お願いします・・・」

 


同じ問題(裏にある家族の問題)を抱えた相談の電話が再び入ったのです。

 

あれだけ、最後に

『二度とギャンブルをしない、家族を大事にします。』と言っていたのに、なんやねん・・・

そう思うと同時に、

 

(何回手続したって一緒やろう・・・、何のための専門職や・・・)

(表面的な事件処理を何回したって、あの時の費用って何や・・・) 

(根本から助けるの無理やし・・・しかし、助かってもらわなあかんし・・・)

(法律職だけで、解決できる問題やない・・・) 

 

次から次に、思い知らされることばかりでした。

当たり前に今までどこかで聞いてきた内容ばかりでした。

その時は、本当に強烈に感じさせられるものがありました。

 

なぜなら、周りのご家族たちの前よりも悲痛な叫びが、手に取るように感じられてしまったからです。

 

 

『ギャンブル依存症』という名の、心の病気の仕組み・再起の方向性のつけ方を、

司法書士会の研修で、お医者さんから教えていただいたのはその後の出来事でした。

 

『これは・・・、精神論だけでなんとかなる話やないわ・・・』
『あの時に、この側面のサポートもお伝えしていれば、

        こんなことにならんかったかもしらん・・・。』

 

その後、そのご依頼者のかたには、手続は終わっていましたが、関係機関を紹介させていただきました。

相当の反省や努力や自覚の末、

現在はギャンブルと縁を切った生活をに手に入れられています。


久しぶりに、たまたま駅の近くでお会いした時に、とっても笑顔で

「ギャンブルしたらあかんやなくて、ギャンブルって思ったら吐き気がするんですよ!もう先生、大丈夫です!」

そう明るく言い切られた時には、本当にいい笑顔をされていました。

 

 

これは、ご本人さんの相当な実行の結果ですので、

司法書士の能力とかそのようなものは、単なる一過性の小さなきっかけに過ぎません。

 

 

相続手続の中、たった一切れのメモのなかからみえてしまった無口な故人の深い思いや、

身寄りのない成年後見人をさせて頂いた中、でてきた多額の預金が、

遠く数十年もあっていない娘二人名義の預金通帳をご自身がつくっておられた事、

こうした打ちのめされるような(ように感じた)経験を重ねさせていただく内に、  

 

相談者の方に

 

「ご家族で協力してトラブルを乗り越えていただく」事

「ご家族でよく話し合いをしていただく」事

 

を、本当の意味で重要性を感じるようになっていきました。

 

 

 職業上の法的支援の限界というものもはっきり感じ始めていました。

 

そんなとき、

市役所の方からお話をいただき、多重債務(借金)問題の解決チームに所属することになりました。

市役所の方々との会議や意見交換等の経験は、本当に貴重な経験ばかりです。

行政の立場からだと、こちらが全く知らないような悩みが苦悩が職務現場であることには頭が下がりました。

今も貴重な財産となり続けていますので、今も感謝の言葉しかありません。

 

また、兵庫県司法書士会の伊丹における市民相談会の運営に関わりをさせていただいていました。

『相続相談』『成年後見相談』『多重債務者の救済』問題に、

兵庫県司法書士会という目線から取り組みをさせていただいておりましたが、

相談会の運営や広報、また苦情に対する対処や見えない市民や役所のニーズ、等々

言葉では表現できない事を沢山学ばせて頂いた気がします。

 

 


そして、その市役所での経験の機会を頂いた事をきっかけに、

行政機関の方々や、 

市会議員の先生方、

社会福祉医療の実務現場に携わる方々、

親切な弁護士先生や優秀な税理士先生との関わり、

損得勘定抜きの不動産会社代表の方、

障がい者 あるいは 高齢者の支援団体の方々

企業様や法人様の顧問のお役目

いろいろなご縁を持たせていただくようになりました。

 

 

 


と同時に、そのようなご家族や世帯の中におられる、色々な思いを抱えてしまっている子供さんたちのなんともいえない姿にたくさん出会いました。

引きこもりになってしまった子、自暴自棄に外で夜遊びしていた子、両親を助けないとと必死にやっている子、全く無関心に自分の生活をしている子、重い病気になってしまった子。

今も沢山のご家族の姿をお出会いします。

 

 

またその中で、残念ながらすべての出会った子供さんには遠くいたりませんが、

ご両親やご家族、本人さんが通られた分だけは、

真っ白な心に戻っていかれた尊い子供さんの姿を見させていただきました。

 

 

『手続き』や『ご依頼』というよりは、

その方々のご家族での実行の継続、実行の積み重ね のみです。

 

こちらは単なる「触媒(=一過性のきっかけ)」です。

 


 

 


実務現場から青少年の方々へお伝えすべきこと

 (法教育・消費者教育)、

他の専門職の方々と連動・連携の教育・研修

 (不動産業務での協力体制・市民後見人プログラム)

の必要性を沸々と感じ始めたのもこのころからです。

 

 


その延長線上で 新たに司法書士事務所を起点とした活動をさせていただく機会をいただいております。

 

またその中から、仕事の「本業」というものに対する考え方について、

大きく考えさせていただく機会が多くありました。

自分自身はどうしても気が多いので、たくさんの領域に手を出す傾向があります。

 

今の自分自身の個人的な立場での「本業」は「登記」やと思います。

不動産の「登記」をさせて頂く中で、様々なフォローや橋渡しをさせて頂ければよいかな。


そう感じています。

 

 

 

家族親族を含む、広く協力者の皆さまの支援を頂きながら、伊丹市の地域住民の方々、その周辺市町村の地域住民の方々、またそこに関わる企業・会社のお役に立てるように、と思っています。

 

周りの方々と仲良く『和合』しならがら、微力を尽くしてまいりたいと思います。

 

 

 

 

 

当事務所の活動が、一人でも多くの市民にとって、色々な方々の支援の繋がりの輪への『小さなきっかけ』になっていくことを願っています。

お互い様に 地道に ゆっくりいそいで 笑顔でいきましょう。

人間はだれしも、36.5度前後のあたたかい生き物ですから。

 

 

 

 

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

 

皆様の人生がよりよくなっていかれる事を願っています。

 

 

 

 

 

 

 


 

 尊敬する言葉

 

 

  『 親思う 心に勝る 親心 』

 

 

 

  『 他人と過去は変えられない。 自分と未来は変えられる。 』 

                                     ( エリック・バーン博士−精神医学博士)

 

 

 

  『 父母に孝に 兄弟に友に 夫婦相和し 朋友相信じ 

     恭儉己れを持し 博愛衆に及ぼし 』    

                                       『教育勅語』の一文

 

 

 

  『 時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、

     また理性がその虚偽から仮面を剥ぎ取った暁には、

      そのときこそ、正義の女神は、その秤を平衡に保ちながら、

        過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するだろう。』    

 

                       ( ラダ・ビノード・パール判事−インドの法学者・裁判官 )

 

 

 

 

  『 詩 : 橋の上のホラティウス 』

                        ( トマス・バビントン・マカレー  イギリスの政治家・歴史家)

 

 

 

 

  『 瞬間は愛なり こころ温かきは万能なり 』      

 

                                      ( 桜井 章一 氏 )

 

 

  "  Make the present moment  your friend 

                                           not your enemy. "

 "  The pain that creat now is always some form of nonacceptance, 

             some form of unconscious resietance to what is. " 

 

                                                                ( Eckhart  Tolle ) 

 

 

 

      『 The Closest Thing To  Heaven  』         (DJ  Fire)

 

 

 

      『 edge  凵]mix   』                  (perfume)




    『 Group Therapy  - live -  』              (Above and Beyond)









            

   















































▲このページのトップに戻る